【不動産投資で購入しなかった物件一覧】失敗・反省ポイントなど









不動産投資を始めたきっかけと購入してきた物件については下記の記事にまとめました。

本記事では購入しなかった物件について書きたいと思います。

不動産投資の失敗に学ぶ

不動産投資の書籍でも購入した物件については、詳しく書かれています。

しかし、購入した物件の裏には購入しなかった・購入できなかった物件が多くあります。

これまでの失敗(反省)を見つめ直して、今度の不動産投資に生かしたいと思います。

購入できなかった物件・購入しなかった物件一覧

検討時期所在地種別販売価格利回り経緯
2014年7月千葉県印西市アパート(6戸)1980万円12%詳細
2014年7月(1棟目見学)----
2014年11月神奈川県横須賀市戸建て(OC)580万円13%詳細
2015年3月神奈川県鎌倉市アパート(6戸)2050万円16.3%詳細
2015年4月千葉県佐倉市アパート(4戸)980万円15.3%詳細
2015年7月埼玉県熊谷市戸建て(空)530万円-再建築付加のため、300万円以下で買えないかと検討中に、他の投資家が430万で購入。
2015年7月神奈川県相模原市戸建て(OC)400万円16.2%駐車場が無く、辺鄙な場所でしたが、高利回りが保証されていて悩み、結局見送り。今なら指値で購入するかも。
2015年8月神奈川県横須賀市アパート(4戸)1500万円14.4%駅から徒歩3分のアパートでよかったのですが、指値交渉が厳しそうだったので断念。
2015年8月埼玉県加須市戸建て(空)435万円-300万円くらいで購入できないかと検討していた所、他から410万円申込で決定。
2015年9月埼玉県鴻巣市戸建て(空)790万円-物件の傾きがあるとのことで、430万円で指値。600万円以下で売らないと回答。
2015年9月神奈川県小田原市戸建て(OC)480万円13.75%土地勘のある場所で駐車場が無いと困る場所のため、375万円で指値。400万円前半で他から申込があり、見送り。
2015年10月千葉県いすみ市アパート(4戸)1100万円15.6%3世帯入居しており、建物も綺麗だった。強気に785万円で指値して、お断りされた。失敗。
2015年11月千葉県習志野市アパート(2戸)500万円14.4%物件を見に行ったものの、斜面に建っていることもあり、耐震性に懸念が出たため、見送り。
2016年4月(2棟目見学)----
2016年7月静岡県小山町戸建て(空)298万円-駅前徒歩3分だったことは良かったが、外装・内装がボロボロでリフォーム代がかなり掛かりそうだったので、見送り。
2016年8月埼玉県鴻巣市区分マンション(空)280万円-初めての区分マンション。内見後200万以下で指値する予定が当日に業者が申込して決定。
2016年9月茨城県取手市戸建て(空)380万円-3棟目と合わせて見に行った物件。こちらは賃貸需要が少なすぎるという不動産業者の言葉を聞いて、見送り。
2016年9月(3棟目見学)----
2017年2月(4棟目見学)----
2017年7月茨城県牛久市戸建て(OC)550万円12%牛久駅から近く、結構良かったので、325万円で指値。500万以上でないと駄目と言われて断念。
2017年7月神奈川県秦野市戸建て(OC)630万円11.53%445万円で指値するも、満額近くでないと駄目との回答。さすが神奈川県の物件。強気です。
2017年8月千葉県野田市戸建て(OC)398万円13.56%310万円で指値するも、満額で無いと駄目との回答。ちょっと遠いのでこれ以上は出せず断念。
2017年9月静岡県伊東市戸建て(OC)570万円14.2%2年間売りに出しているとのことで、強気に375万円で指値。業者が売主様に怒れられて終了。450万くらいなら買いたかった。

振り返って見るとかなり良い物件を買い逃していることに気付かされます。

売主からの逆指値を期待して、低めに指値するもその時点で見限られることが多いのです。

売主の状況を見極めて、絶妙の価格で指値することが求められます。

また、最近は、見に行った物件はかなりの確率で購入申し込みをしていることが分かります。

とんでもない物件以外は「言うのはタダだから」精神で購入申込を出す方針としています。

今回は概要のみ記載しましたが、物件情報と検討経緯の詳細については別途記事にしたいと思います。